VICL-63407.jpg



 


作詞:柴田淳 作曲:柴田淳



火紅般燃燒著的楓木們
簌簌聲響的呢喃耳語 彷彿在對我長髮輕柔地探詢
我輕托臉頰看著遠方 淡淡微笑
恍然之間 記憶中只留下了你



我不是你所想的那樣的
美好而優雅
腦海中浮現的那人的身影
是否還能再見到?




讓人無可抑制的喜愛 卻又不讓人討厭
所以我放走了 假笑的你



幾乎要說出"我愛你"的那種悲傷
不知為何滿溢胸口
即使是靠近你 緊抱著你
你依舊是如此遙遠...




即使漫長的歲月流逝
這份想念也會隨這道風的吹拂喚醒
雖然不知你現在身在何處
也無從追尋
但總有一天 能夠傳達給你...









(日文歌詞)


紅く燃え立つ 木々の話し声が
そのやわらかい 髪に問いかけてた
ほおづえついて 遠く微笑んでる
ふと見せる その君だけ憶えてる


僕じゃ君を そんなふうに
美しい人にはできない
想い浮かべたその人に
もう会えたかい?


好きでいさせて 嫌いにさせないで
偽る笑みの 君を逃がしたんだ


愛してると言われるほど
哀しみは なぜ溢れただろう
引き寄せても 抱き寄せても
君は遠くて…


長い月日が流れても
この風は 想い呼び覚ます
今は行方もわからない
探すこともない
いつかの君へ





===============================



這首歌詞寫得很美

但真是夭壽難翻

今年的冬天來的好快

又到了聽歌的好季節 :)






創作者介紹
創作者 hiko 的頭像
hiko

BEST of MY LIFE

hiko 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()